こだま皮膚科

茨城県古河市で皮膚科・美容皮膚科をお探しならこだま皮膚科

皮膚科
HOME >  皮膚科  > 白斑・乾癬の最新治療

白斑・乾癬の最新治療

尋常性白斑の治療について

  • 尋常性白斑の治療

    尋常性白斑の原因は、はっきりと解明されておりませんが、過度のストレスなどによる自己免疫異常による
    メラニンの破壊などが考えられます。

    一般に皮膚の色は、表皮の中に含まれるメラニン顆粒の量によります。
    このメラニン顆粒は皮膚の一番底にあるメラノサイトという細胞でつくられます。

    ところがこのメラノサイトが何らかの理由で壊されてなくなり機能が低下してしまうと、メラニンの産出が極度に低下
    あるいは消失してしまい、皮膚の色がない状態に白くなってしまうのです。この状態が尋常性白斑症です。

    当院では、最新治療機器NB-UVBによる治療で高い治療結果を認めています。

尋常性乾癬の治療法について

  • 【1】皮膚の炎症を抑える

    皮膚の炎症を抑える

    ◎ ステロイド外用剤

    ◎ 紫外線療法(最新治療機器NB-UVB)

  • 【2】表皮増殖(角化症)を抑える

    表皮増殖(角化症)を抑える

    ◎ ビタミンD外用剤

    ◎ 紫外線療法(最新治療機器NB-UVB)

  • 治療法について

    治療法について

    このように尋常性乾癬の治療法はバラエティに富んでいます。
    言い換えれば、これといった完治を約束する
    決定的な治療法が無いことも意味します。

    こだま皮膚科はこれらの選択肢のなかで、症状に合わせた
    最善と思われる最新治療機器NB-UVBを導入して
    いくつかの組み合わせで治療しています。

    病気の性質上、長期戦になることも多く、出来るだけ副作用が少なく、
    より効果的な治療法を選択いたします。

  • 診療時間のご案内(最新の予定は「お知らせ」をご覧下さい)

    診療時間

    ■休診日 / 木曜、日曜、祝日、土曜午後
    ■受付開始は、診療開始30分前の平日は9:00から、土曜日は8:30からです。